QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ポケット
ポケット
松本朱実(まつもとあけみ)
動物教材研究所pocket                    

「pocket」の意味
動物解説員として東京の動物園に勤務中、カバンに骨や羽、模型などを詰めて小出ししながらガイドをしていました。子どもたちから「ドラエモンのポケットみたい!」と言ってもらい、以来、動物の不思議をわくわく発見できる働きかけをおこないたいと、この名前を使っています。                                              

もう1つの意味として、ポケットは、潜在する資源(動物の情報資料、人々の興味や探究心)ととらえ、これらを引き出して動物や環境に対する興味や認識を広げる支援をしたいと思っています。     
                                   
全国どこでも、いろいろな教材をカバン(ポケット)に詰めて出張授業や企業の研修機会など、遊びにうかがいます♪                    

ポケットにちなみ、カンガルーのイラストは近所の絵手紙を描かれる美術の専門の方に描いていただきました。有袋類は私が好きな分類群の1つで、飼育係をしていた頃、ダマワラビーの人工哺育をおこなった経験があります。

2012年07月30日

エコクラブ活動で、田んぼの生き物観察会

7月21日、地域の子供会で登録している、こどもエコクラブ活動で、

夏休み恒例の、身近な生きもの調べをおこないました。

昨年の様子は、新聞のコラムでもご紹介しました。

講師は、和歌山県自然博物館の学芸員、平嶋健太郎さんicon01

ハゼ(魚類)の研究者で、実はご近所にお住まいですface02


出発前に、外来生物のお話

さあ、田んぼの生き物を探しにいこう!

みんなでゾロゾロと歩いて。

近所の自然を、大人と子どもが一緒になって観察できることが、
エコクラブ活動の魅力です
ik_48


この美しい田んぼ、山の風景!!
ここで遊べる子どもたちは幸せですik_48


アマガエル


たくさんのヌマガエル


サワガニ
はさみが1つないけれど、脱皮したら出てくるよ。


顕微鏡でのぞいているのは、、


トビケラの幼虫ik_20
巣から顔をだした。


本日の採集データicon22

きれいな水にいる生物と、やや濁った水にすむ生物と両方見られた。
山に近いこの場所は冷たくてきれいな水が流れている。
下流の小学校近くの田んぼとくらべてみても面白いかも、と平嶋さん。

この後、近くの緑地にも行って、昆虫採集もしました。


樹液に集まる昆虫たち。
カブトムシやクワガタも寄りそうな絶好のスポット。

どこに、どんな生物たちがいるか、
 見て、採って、触って、  たくさん感じてもらいたいik_49

汗びっしょりになって、
 私も子どもたちと一緒にはしゃいだ、楽しい観察会でしたface02

サポートしてくださった、子ども会役員のお母さん、お父さん、エコクラブサポーター、
そして、平嶋さん、どうもありがとうございましたik_14







  

Posted by ポケット at 00:04Comments(0)エコクラブ

2012年07月17日

あすたむらんど徳島で剥製ウオッチングのお手伝い

7月12日から14日まで、徳島に行って来ましたface01

あすたむらんど徳島の子ども科学館 夏休み特別企画展のお手伝いです。

きしわだ自然資料館さん所有の剥製を、生息環境エリアごとに展示するコーナー。


私にご依頼があったのは、

剥製をよく観察するための、ワークシートづくり + 解説ツアー





とくしま動物園での動物観察ワークシートと合わせて作成し、

  両方を訪れたらプレゼント というタイアップ企画です。

動かない剥製をどれだけ、面白がって見てくださるのだろうか、、と思っていたのですが


初日の14日、悪天候にも関わらず、家族連れが続々と来場し、歓声があちこちでik_20

ほとんどの方がクイズに参加。
視点があることで、企画展示内の滞在時間が長かったです。


ホッキョクグマの間違いさがし

絵に3箇所間違いがあるのをあててもらう。(耳・尾・くび)

全体の体型を親子で相談しながらチェック。
 『くびがこんなに長いのは、今まで気づきませんでした』

体つきと生息環境、くらしとの関わりをお伝えするきっかけづくりになりましたik_73

サバンナのエリアでは


シマウマ、キリン、カバ 足の指は何本?
かかとはどこ?

サバンナを速く、疲れずに走る、足指のしくみに
みなさん、興味を持たれ、うれしかったですface02

間近で迫力ある形態を実感・確認できる剥製。
教材としての価値を、再発見する機会にもなりました。

スタッフの方への研修もさせて頂き、今後の説明を引き継ぎました。

今度は生きている動物を、とくしま動物園に見に行ってね。

動物園の方とご相談して作成したワークシートには、、


マントヒヒの赤ちゃんを見つけてね。
お母さんやお兄ちゃんとそばにいるかな?
何をしているかな?


サーバルキャットはどれくらいジャンプできるかな?


自分もジャンプして競争できる、工夫した展示

それぞれの見どころを、じっくり観察して、

動物やくらしとのかかわりに、興味を持って頂けるとうれしいですik_48






















  

Posted by ポケット at 13:30Comments(0)企画プログラム