QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ポケット
ポケット
松本朱実(まつもとあけみ)
動物教材研究所pocket                    

「pocket」の意味
動物解説員として東京の動物園に勤務中、カバンに骨や羽、模型などを詰めて小出ししながらガイドをしていました。子どもたちから「ドラエモンのポケットみたい!」と言ってもらい、以来、動物の不思議をわくわく発見できる働きかけをおこないたいと、この名前を使っています。                                              

もう1つの意味として、ポケットは、潜在する資源(動物の情報資料、人々の興味や探究心)ととらえ、これらを引き出して動物や環境に対する興味や認識を広げる支援をしたいと思っています。     
                                   
全国どこでも、いろいろな教材をカバン(ポケット)に詰めて出張授業や企業の研修機会など、遊びにうかがいます♪                    

ポケットにちなみ、カンガルーのイラストは近所の絵手紙を描かれる美術の専門の方に描いていただきました。有袋類は私が好きな分類群の1つで、飼育係をしていた頃、ダマワラビーの人工哺育をおこなった経験があります。

2012年12月09日

京都市動物園ツシマヤマネコ企画でゼミ生の活躍 プレゼン編

前回に続いて

やまねこ博覧会で、学生が卒業研究の成果を2題、発表させていただきました。
いずれも、ツシマヤマネコの普及啓発をねらいにしています。

1つめはハンズオン展示


レバーを引くと、生息地別に違う食べ物(獲物)をくわえたヤマネコが登場!





なかなかリアルで迫力あります。

こちらは実物大ぬいぐるみ



対馬に取材にいった学生が、現地で見たぬいぐるみを参考に作りました。

こちらはこの日、ご講演された、対馬市役所の玖須さまが持って来られたもの。



お世話になった玖須さまと一緒に。


プレゼンも聞いてくださり、
実際に現地を訪れ、様々な価値観にふれることが大事だと言われました。

こちらも学生が作製した目を引く誘導看板。



対馬では交通事故防止を促す、同様の看板が、随所にあったそうです。

来園者調査をした結果、観覧者数の増加に寄与したことが明らかになりました。



ハンズオン展示チームのプレゼンです。

もう1つの成果は、セルフガイド教材
親子で読み合う、ツシマヤマネコの特徴などを紹介した冊子を作りました。



今回、大変お世話になった京都市動物園の方々と。



貴重な機会を設けてくださったことに深謝申し上げますik_14





  

Posted by ポケット at 18:14Comments(0)専門学校の学習

2012年12月08日

京都市動物園ツシマヤマネコ企画でゼミ生の活躍 ゲーム編

11月24日 京都市動物園で開催された「やまねこ博覧会」

当園で展示しているツシマヤマネコの普及啓発をおこなうイベントで、
専門学校のゼミ生が、ゲーム卒業研究成果発表をさせていただきました。

ヤマネコの生態を知ってもらうゲーム



寒い中、40名ほどが参加してくださいました。

アイスブレイク わたしはだれ?



4つのヒントを出すから、動物をあててね。
子どもたちはすごく集中します!

あててもらったのは
ネズミ  カエル  そして これらを食べる ツシマヤマネコ!

ヤマネコが生きるのに必要な環境要素
食べ物  水  すみか

環境要素とのバランスを実感するゲーム



プロジェクト・ワイルドのアレンジ版  オー! ヤマネコ

環境要素をゲットできたら繁殖できて、得られなかったら環境要素になる。



ヤマネコの個体数をグラフ化して、見てみよう。
増えたり減ったりしているね。でも安定している。

では、つぎに、ツシマヤマネコの減少を招いている要因をいれてみよう。

車(交通事故)、野良猫(病気の感染)役の学生が入ってゲームを再開すると、

本気で鬼ごっこに熱中する男の子や、怖がってしまう女の子が出るハプニングが、、

保護の取り組みも進められている。
たとえば、ヤマネコの餌動物が集まる田んぼづくり


お兄さんたちが、今度は田植えを演じてくれました。

豊かになった食べ物を最後、みんなでゲットしてゲームを終了しました。

学生はゼミの中でプロジェクト・ワイルドの一般指導者の資格を取得しており、
今回はその応用をチャレンジできました。

めりはりある進行、温かな子どもたちへの対応。
子どもたちの目線に近い若い人たちの支援の効果をうれしく実感しました。

ツシマヤマネコ担当の方からは、
動物園でのゲームの応用、柔軟な進行が参考になったとおっしゃってくださいました。

このような参加型のツールは有効で、
場面、状況に応じてどのようにアレンジするかがポイントです。
またどこでもいつでも、お手伝いしますik_48



  

Posted by ポケット at 22:26Comments(0)専門学校の学習